老いてたまるか!

残された人生で今が一番若い!山旅と雑記のブログ

北海道へのアクセス(フェリー比較)

日本海フェリーか太平洋フェリーか! フェリーで行く北海道(HTO北海道観光機構ページリンク) 先日、キャンピングカーで北海道に行ってきたが、僕の住んでいる九州から車で北海道へ行くには、長距離フェリーを利用すると楽だ。 一つは、京都の舞鶴から小樽…

北海道の山旅 まとめ

6月11日に佐賀の自宅を出て、京都の舞鶴から日本海フェリーで北海道の小樽に上陸、北海道に21日間いて、帰りは苫小牧から太平洋フェリーで名古屋まで来て、今日7月6日に帰宅した。(走行距離は4,000キロ強) 26日間の旅だったが、2年ぶりの北海道で山も6座登…

美瑛岳登山

美瑛岳は、美瑛町(旭川と富良野の間)にある山で、大雪山国立公園の南西部に位置する十勝連峰の一座だ。 十勝連峰の中では十勝岳(2,077m)につぐ高さで、標高は2,052mある。 十勝連峰には過去2回来ていて、十勝岳と富良野岳には登っているので、今回は、美…

アポイ岳登山と襟裳岬

アポイ岳は、日高山脈の南端に位置する標高810mの低山だが、花の百名山やユネスコ世界ジオパークにも認定されている人気の山らしい。 大雪山系の山を目指して、道北の旭川まで北上していたが、週末まで天気が悪いので急遽南下し、この山に登ることにした。 …

鷲別岳(室蘭岳)登山

この山は、登別市と室蘭市にまたがる標高911mの山だ。 正式には鷲別岳(わしべつだけ)だが地元の人は室蘭岳と呼ぶらしく、表記も混在している。 先日、山で出会ったおじさんに教えてもらった山で、低山だが人気の山らしいので登ってみることにした。 登山口…

紋別岳登山

紋別岳(もんべつだけ)は、北海道千歳市にある標高866 mの山だ。 本来は、日本二百名山の樽前山に登りたかったが、山頂付近は入山規制があり、現在登山道も工事中で登れない・・・ということで、同じ支笏(しこつ)カルデラの外輪山である紋別岳に登ること…

北海道駒ヶ岳登山

北海道駒ヶ岳は、ウィキペデアによると 「北海道森町、鹿部町、七飯町にまたがる標高1,131 mの活火山である。渡島国・渡島半島のランドマークにして、大沼国定公園のシンボルともなっている。 江戸時代の旧称は内浦岳で、蝦夷駒ヶ岳、渡島駒ヶ岳とも呼ばれる…

ニセコアンヌプリ登山

ニセコアンヌプリは、スキーで人気のニセコにある標高1,308mの山で、周囲には4つのスキーリゾート施設がある。 日本三百名山で人気の山みたいなので登ってみることにした。 登山口は、ニセコ野営場から登る。 朝の7時30分ころ着いたが、駐車場はほぼ満車だ。…

病院通い・・・面倒くさい!

病院通い 僕は、痩せているのにコレステロール値が高い。 一昨年、市の健康診断を受けて二次検査を勧められた。 コレステロール値は以前から高く、人間ドックとかでも遺伝的なもの・・・ということで終わっていたが、市の健康診断は厳しい。 二次検査を受け…

山旅まとめ

5月14日にキャンピングカーで山旅に出て、今日5月27日鳥栖市の自宅に帰宅した。 丁度2週間の旅で、走行距離は2,000キロを少し越えた程度だった。 登った山は、 日本二百名山2座〜東赤石山、氷ノ山 日本三百名山4座〜三本杭、篠山、扇ノ山、道後山 大分百…

道後山登山

道後山は、広島県と鳥取県の県境に位置する山で、中国山地中部に属している。 標高は1,268mで日本三百名山の一座だ。 昨日は扇ノ山、一昨日は氷ノ山に登ったので、今日は休むつもりだったが、明日から天気が崩れる。 中国地方で日本百名山から三百名山のうち…

扇ノ山(おおぎのせん)登山

扇ノ山(おうぎのせん)は、兵庫県と鳥取県にまたがる山で、標高は1,310m。 山頂が扇を広げているような形をしているので、その名前が付いたらしく、日本三百名山、関西百名山に選ばれている。 また、中国・近畿地方の代表的な火山でもあり大山と並んで鳥取…

氷ノ山(ひょうのせん)登山

氷ノ山は、兵庫・鳥取県境にそびえる標高1,510mの山で別名須賀ノ山(すがのせん)とも呼ばれる。 兵庫県の最高峰で、中国地方でも大山(標高1,729m)に次ぐ高峰で、日本二百名山に選出されている。 案内によると天照大神が朝日に映える樹氷を見て「ヒエの山…

東赤石山登山

東赤石山は、愛媛県東部に位置する彷皇山脈の最高峰で、日本二百名山、花の百名山でもある標高1,710mの山だ。 赤石の名前の由来は、山頂付近の岩峰が”かんらん岩”という岩で、含まれている鉄分が酸化して赤く見えることに由来するらしい。 四国の名の通った…

篠山(ささやま)登山

篠山は、高知県と愛媛県の西部県境にそびえる標高1,065mの山だ。 足摺宇和海国立公園の一部で、日本300名山にも選定されている。 先日登った”三本杭”と距離的にも近く折角なので登ってみることにした。 登山口は、篠山登山口第一駐車場から登ることにしたが…

三本杭(さんぼんぐい)登山

三本杭は、日本三百名山に選定されている四国山地南西部に位置する山で、標高は1,226mだ。 先日、大分県の国東半島にいたが、フェリーで別府から八幡浜に渡り四国入りした。 四国の有名な山は登ったことがあるので、未踏のこの山に登ってみることにした。 こ…

文殊山(もんじゅやま)登山

昨日のブログの通り、大分県北東部の国東半島に来て、両子山に登ったが、折角国東半島に来たので、今日は文殊山という山に登ることにした。 写真は、登山口に向かう道中から見た文殊山だ。 標高は614mしかないが、国東峯道ロングトレイルのルートになってい…

両子山(ふたごやま)登山

両子山は、大分県の北東部に位置する国東半島の主峰だ、と言っても標高は720.6mしかない。 国東半島には、国東峯道ロングトレイルという全長135キロのコースがあるし、切り立った岩場は、修行の場として知られ、今でも10年に一度は荒業が行われている。 とい…

キャンピングカー2回目の車検

キャンピングカー(バンコン)の車検 普通車は、初回の車検は3年後だが、8ナンバーのキャンピング車は、初回から2年ごとに車検がある。 2回目なので、新車登録から4年になる、走行距離は6万キロ強だった。 キャンピングカーは、車検証の車体の形状欄にキャ…

iPadでお絵描き No.6

しまなみ海道 雨天が続くので絵でも描こうと思って、写真ホルダーの中を探していたら、3年前に撮った写真があったので模写してみる事にした。 この「しまなみ海道」は、瀬戸内海に浮かぶ島々を7つの橋で結んだ街道で、全長は70キロもあり、サイクリングスポ…

市房山登山

昨日市房山に登って、一夜明けてブログを書いている。 市房山は、熊本・宮崎両県にまたがる山で、九州山地南部の主峰だ。 標高は1,721mで日本二百名山の一座でもある。 麓には湯山温泉と桜の名所でもある市房ダムがあるので、桜の時期に登ろうと思って調べて…

九千部山登山

暫く、山に登っていなかったが、3月末くらいから何処か山旅に出ようと思うので、体力試しに近場の九千部山に登ることにした。 この山は、過去のブログでも何度か書いているが、佐賀県鳥栖市と福岡県那珂川市に跨る標高は847.5mの山だ。 登山口は御手水(おち…

大谷翔平結婚!

びっくり! 29日飲み会から帰宅したら大谷翔平結婚の報が流れていた。ほんと!? 僕は、大谷のInstagramをフォローしているので、確認すると確かに日本人女性と結婚・・・のメッセージが載っている。 大谷の地元では号外も出て、翌日の囲み取材は、いくつか…

iPadでお絵描き No.5

くじゅう連山 これは、大分県にある大船山(たいせんざん)から見た"くじゅう連山"だ。 湿原の坊がつるも見渡せる好きな場所なので描いてみることにした。 模写した写真 この絵を描くのに1週間かかった。何故かというと上手く描けなかったからだ。 1時間ほ…

iPadで絵を描くのに必要なペンは!

Apple Pencilが必須 昨年末、iPadを買って本を読んだりしていたが、本を読むだけでは勿体ないと思って絵を描き始めた。 必要なprocreteというアプリを入れて、安いiPad用のタッチペンを買って描いていたが、そのペンが粗悪品だったのか誤作動が多過ぎる。 な…

iPadでお絵描き No.4

鶴ヶ城(会津若松城) 建物の絵でも描いてみるか・・・ということで、去年10月に訪れた福島県の鶴ヶ城を描いてみた。 しかし、面倒な絵を選んでしまった。 パーツの多い城を描くのも面倒だが、石垣もあるし、松の木も多すぎる。 描き始めて直ぐに、他の題材…

iPadでお絵描き 3作目

鳳凰三山からの朝日 パソコンに保存している写真を見ていたら、日の出の写真が目についた、朝日はどうやって描くのだろう? ということでその写真を模写してみた。 ブラシ機能の中を探していたら、輝度というブラシの中に”フレアー”というのがあったので、そ…

iPadでお絵描き 2作目

市房神社参道の大杉(熊本県) 今年からiPadで絵を描き始めたが、2作目を描いてみた。 印象に残っている風景から写真を選んで模写してみたが、難しい写真を選んでしまって苦労した。 前回は、草木や池だったが今回は構成も複雑で、大木を描くのが大変で、ま…

iPadで絵を書いてみた

池塘に映る火打山 昨年末、iPadを買ったので本を読み始めたが、本だけでは勿体無いので絵でも描いてみよう・・ ということで、以前登った新潟県の火打山を描いてみた。 この山は、標高2,100m付近に天狗の庭と言われる高層湿原があって、そこの池塘(高山の湿…

2024今年の展望

悲惨な年明け 元日の能登半島地震、2日の羽田航空機事故、3日の北九州魚町銀天街の火災、正月ムードも吹き飛んでしまった。 能登半島は、途中までしか行ったことがないが、石川、富山は山旅に出かけた時は毎年のように通るところで、車中泊でお気に入りの道…