老いてたまるか!

残された人生で今が一番若い!山旅と雑記のブログ

宝満山登山

宝満山は、福岡で一番登山者が多いと言われる。

何故、人気があるかというと福岡市内から近いという地理的要因、初心者でも登れる、霊山としての歴史、加えて山頂からの展望といったところだろう。

この山は、福岡県の筑紫平野の北東に聳え、標高は829メートルほどしかないが、山頂からは福岡市内が一望できる。

歴史的には、重要な国家的祭祀が継承されてきた霊山として、鳥海山、富士山に次いで全国3例目の国史跡に指定されている。

ここに鎮座する宝満宮竈門(かまど)神社は、1350年を超える歴史を誇り、登山口に、竈門神社下宮があり、山頂には竈門神社上宮が祀られている。

何でも、大宰府政庁の鬼門除けとして、大陸へ渡る人々がこれから進む航海の安全と事業の成功を祈願したらしく、最澄空海なども登拝したとか。

ご存知のとおり、近年ブームになった人気漫画”鬼滅の刃”の発祥の地・聖地などと呼ばれ、注目を集めた。

僕もこの山に登るのは久しぶりだ。今は、佐賀県鳥栖市に住んでいるが、その前は長く福岡市内に住んでいたので、いつでも登れたが、近くにあると(いつでも行けるので)意外と登らないものだ。

 

f:id:kannrekizizi:20211014162438j:image

車は、竈門神社下宮の有料駐車場(400円)に駐車し、参道を進む。

ここの標高が151メートル、山頂が829メートルなので標高差は678メートルだ。ここからだと山頂まで標準コースタイムなら2時間半程度だ。

 

f:id:kannrekizizi:20211014162513j:image

ここが竈門神社下宮だ、まずは参拝!

 

f:id:kannrekizizi:20211014162649j:image

林道を何度か横断し登山道を進む。

 

f:id:kannrekizizi:20211014162707j:image

約30分歩くと林道終点の駐車場に着く、ここに駐車すればかなりの時間短縮になる。この手前の林道脇にも駐車スペースが何箇所かある。

 

f:id:kannrekizizi:20211014162758j:image

とにかく、石段!

 

f:id:kannrekizizi:20211014162823j:image

水場もある。

 

f:id:kannrekizizi:20211014162920j:image

延々石段!

 

f:id:kannrekizizi:20211014162938j:image

救急箱が置いてある。

 

f:id:kannrekizizi:20211014162959j:image

100段ガンギというところがある。

一番辛いところということだろうが、ガンギとは階段のことで、数えると丁度100段あるらしい。

 

f:id:kannrekizizi:20211014163023j:image

竈門山碑とある。かつて、宝満山は竈門山とも呼ばれていたらしく、山容が竈門の形をしていたとの言い伝えもあるようだが、この場所は、かつての竈門神社中宮跡らしい。

 

f:id:kannrekizizi:20211014163059j:image

この階段を登れば山頂だ。

 

f:id:kannrekizizi:20211014163128j:image

山頂到着!

これが、竈門神社上宮だ。

 

f:id:kannrekizizi:20211014163209j:image

福岡市内と博多湾

 

f:id:kannrekizizi:20211014163233j:image

展望を楽しむ。

 

f:id:kannrekizizi:20211014163246j:image

下山し、竈門神社下宮に立ち寄り、お礼の参拝を行う。

この竈門神社には、カエデが300本あるらしく、11月の中旬以降は参道が紅葉のトンネルになるらしい。

 

一番ポピュラーな正面登山道から登った。

とにかく、延々と石段を登るのみで、平坦なところがないので、距離は短いが、意外と辛い。

僕は体調が今一で”真夏か!”というほど汗をかいたが、登山道は樹林帯の中で日が差さないので、気温が高くても登りやすいはずだ。

登山ルートは他にもあり、この山は、三郡山地の南端に位置しているので、この山域の縦走路もある。

週明けには、やっと気温も下がるとか、今年最後の夏日登山だったかな?

長野県の旅のまとめ

バンコンで車中泊をしながら、長野県を目指した。目的は登山だが、出発時は主要都府県では緊急事態宣言が発せられていたので、コロナ感染者数の少ない日本海側のルートで長野県入りした。

往路

f:id:kannrekizizi:20211009162926p:plain

Googleマップに経路を落としてみたが、目的地の入力は10個までなので、全行程が入らず、往路と復路に分けた。

復路

f:id:kannrekizizi:20211009165154p:plain

一部渋滞しそうな場所は、高速道路や有料道路を利用したところもあるので、おおよその経路表示だ。

行程

月日

行動

宿泊場所

9月21日

佐賀県鳥栖市の自宅を出発

道の駅ソレーネ周南

山口県

9月22日

山間の道路で岡山県

道の駅久米の里

岡山県

9月23日

那岐山登山 8.8キロ

道の駅きなんせ岩見

鳥取県

9月24日

国道9号線から8号線へ

道の駅うみんぴあ大飯

福井県

9月25日

国道8号線を北上

道の駅メルヘンおやべ

富山県

9月26日

国道8号線を北上

道の駅あらい

新潟県

9月27日

妙高山登山 12.8キロ

道の駅しなの

長野県

9月28日

長野県内移動

道の駅マルメロの駅ながと

長野県

9月29日

霧ヶ峰登山  10.8キロ

道の駅マルメロの駅ながと

長野県

9月30日

諏訪湖一周ウォーク 16キロ

道の駅信州蔦木宿

長野県

10月1日

八ヶ岳リゾートアウトレット買い物

御嶽山黒沢口6号目駐車場

長野県

10月2日

御嶽山登山  10キロ

道の駅マルメロの駅ながと

長野県

10月3日

美ヶ原登山  9.6キロ

道の駅よしおか温泉

群馬県

10月4日

映画007/ノー・タイム・トウ・ダイ

道の駅みなかみ水紀行館

群馬県

10月5日

谷川岳登山  8キロ

道の駅国上

新潟県

10月6日

国道8号線を南下

道の駅カモンパーク新湊

富山県

10月7日

国道8号線を南下

道の駅ようか担馬蔵

兵庫県

10月8日

国道9号を南下

ルートイン益田

島根県

10月9日

帰宅

 

 

19日間の旅で、宿泊場所は、ほとんど道の駅を利用したが、最後に島根県を南下した時は、とにかく眠たくて、居眠り運転しそうだったので、近くのビジネスホテルを探してチェックインした。

登山アプリは便利で距離も出るので、計算してみたら総歩行距離は76キロだった。諏訪湖一周ウォーク以外は登山道だ、よく歩いたものだ。

ちなみに車は3,500キロ走っている。

道の駅マルメロの駅ながと

長野県で6泊したが、この道の駅には3日間宿泊した、お気に入りの道の駅だ。

長野県入りしてから気温が上がりほとんど夏日となった。この道の駅は、午後3時頃になると駐車場が日陰になる。

それに温泉コンビニも併設している。また、ここには「かりん亭」というメニュー豊富な飲食店があった。

山に登るとカロリーをかなり消費するので、ガッツリ食べないと体がもたない。この店では、定食の場合は、ご飯のおかわりが出来るし、何と言ってもビールも飲める。

車中泊なので酒は車内でも飲めるが、車内で飲めば何かとゴミも出る。車旅ではゴミ捨てがなかなか出来ないので、店で飲めるのは助かる。

それにこの店は、肉も魚も美味しいし、居酒屋メニューも豊富でリーズナブルだった、長野県に行ったら、また寄りたい。

気温が高すぎ

長野県入りしてから気温が上がりほとんど夏日となった。暑いと何処かでのんびりしようと思っても車旅では厳しい。エンジンかけっぱなしで休憩するのも憚られる。

北上し群馬県入りしたが、ここも暑い、谷川岳に登り、さらに北上しようかとも考えたが、暫く夏日が続きそうだったので、一旦帰宅することにした。

次回、富山・新潟方面に行くときは

帰路に着く際、佐渡島に渡ろうかとも思ったが、丁度前線が降りてきて波が高い予報だった、フェリーで2時間半程度だが、僕は船酔いするので取り止めた。機会があったら行ってみよう。

富山県の8号線沿いにたら汁街道と呼ばれるところがある。丁度食事時ではなかったので、素通りしたが次回は是非食してみたい。

 

f:id:kannrekizizi:20211009180125j:image

福井県越前町は”越前がに”で有名だ、ここで水揚げされるズワイがにのことだが、一杯15,000円はする。

まともな店でコースや懐石で食べれば25,000円は下らない。

そこまで大枚をはたいて食べる気にはならないが、富山県で安いカニの定食があったので食べてみた。

写真は1,600円の定食だ、かにの種類は分からないが、僕にはこれで十分だ

右下の吸い物に白エビが入っている。九州の人間には縁遠いが、白エビは富山県の名物で熱しても赤くならない、今度来た時は白エビのかき揚も食べてみよう!

11月に

新型コロナもかなり感染者数が減ってきた、昨日宿泊した島根県は、二日連続新規感染者0だったそうだ。次の感染爆発がないことを祈るばかりだ。

今回は、妙高山登山のあと筋肉痛がなかなか取れなかった。山頂まで4時間を超える登山の後は、少し間を開けた方が良さそうだ。いつも、無計画で出るので、次回は少し計画を立てて出ることにしよう!

今回の旅は、10月なのに連日の夏日で参った!12月は何かと忙しいので、11月に2〜3週間の旅の計画を立ててみるか!

谷川岳登山

f:id:kannrekizizi:20211005170633p:plain

谷川岳は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山で日本百名山の一つ。周囲の万太郎山仙ノ倉山、茂倉岳などとあわせて谷川連峰というらしい。

関東からのアクセス(車でも電車でも)もいいので、シーズン中は多くの登山者が訪れるらしい。

非常に人気が高い山なので、今回ぜひ登りたかった山だ。

 

f:id:kannrekizizi:20211005184142g:plain

ロープウェイで標高を稼ぐ。

ロープウェイを使わないルートもあるが、4時間越えのルートだ。筋肉痛、腰痛持ちの僕としては、今回は、ロープウェイを選択した。

 

f:id:kannrekizizi:20211005164834j:image

ここのロープウェイは凄い!約3分ごと来る。回っていて止まらないので、動いている間に、降りて、乗る、観覧車みたいだ。

普通、ロープウェイに乗ると「この〇〇ロープウェイは・・・と何がしかのアナウンスがあるが、ここのロープウェイは何もない、添乗員もいない。当然、全員マスクしていて、無言で座って窓の外を見ている。異様な感じもしたが、約15分で天神平駅に到着する。

 

f:id:kannrekizizi:20211005164920j:image

天神平駅だ。ここの標高が1319メートル、山頂の標高が1977メートルなので標高差は650メートルほど、山頂までは約2時間半の行程だ。

 

f:id:kannrekizizi:20211005164646j:image谷川岳の山頂部は二峰に分かれている双耳峰で、それぞれ「トマの耳」(1,963m)、「オキの耳」(1,977m)と呼ばれている。

トマとは手前の意味で、オキは奥の意味らしい。

 

f:id:kannrekizizi:20211005165004j:image

稜線に向け登っていく。

 

f:id:kannrekizizi:20211005165033j:image

稜線に着いた。ここから快適な稜線歩きと思いきや・・・

 

f:id:kannrekizizi:20211005165133j:image

こんなところがいっぱいある。

 

f:id:kannrekizizi:20211005165225j:image

やっと気持ちのいい稜線歩きになった。

 

f:id:kannrekizizi:20211005165248j:image

トマの耳だ!

 

f:id:kannrekizizi:20211005165306j:image

記念撮影。今日も夏日で汗だくだ!

 

f:id:kannrekizizi:20211005164713j:imageオキの耳に向かう。

 

f:id:kannrekizizi:20211005165406j:image

振り返ってトマの耳

 

f:id:kannrekizizi:20211005165440j:image

谷川岳最高峰、オキの耳に到着!

f:id:kannrekizizi:20211008065918j:image

f:id:kannrekizizi:20211008070132j:image

素晴らしい光景、まるで絵画のようだ!

ここは、関東からも日帰りで来れるし、初心者でも登れる百名山だ。岩場もあり、写真にはないが鎖場もある。それなりに登山の醍醐味を味わえるし、標高差の割りには登りごたえのある山だ。人気になるのも無理はない。

 

f:id:kannrekizizi:20211005182001j:image

15分も休憩しただろうか、名残惜しいが、次々と登ってくるので下山するとしよう!

GPSログ

群馬県には赤城山武尊山草津白根山などの山もあるが、明日は天気が崩れそうなので、またの機会にしよう。

さて、何処に行こうかな!?

車旅の夏日には映画を!「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」

車旅の夏日は最悪だ!

僕は、キャンピングカー(バンコン)で山旅に出て今日で2週間になる。

今朝、トイレに行こうと車から出たが、生まれたての小鹿みたいに足がヘロヘロだった。

一昨日御嶽山に登って、昨日は美ヶ原を歩いた。年寄りは筋肉痛が二日目に来る、今日は最悪だ。

長野から群馬に移動し、今日一日足を休めて、明日は群馬県の山に登りたい。さて、どこで休む?

車が汚れていたので、朝からコイン洗車場で車を洗い、タンクの水を補充するため湧水を探して汲みに行った。グーグル検索は便利だ!

その後、標高の高い道の駅に行って早い昼食を取った。車内で昼寝しようとしたが、日陰もないので炎天下の車内では暑くて休めない。

そう言えば、高崎市に大きなイオンモールがある。そうだ丁度いい、映画を見よう!

少し距離はあったが、イオンモールに急いだ。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

f:id:kannrekizizi:20211004183558j:plain

ダニエル・クレイグ主演の最終作が10月1日から上映されていたのは知っていたのでいいタイミングだ。

丁度13時にイオンモールの立体駐車場に入った。イオンモールの映画館は何処もどちらかの端にある。立体駐車場の端に空きスペースを見つけ駐車したが、これが、映画館と反対側だった。

モールの長い通路を歩き、着いた時間は13時15分、吹き替え版が13時00分上映、字幕版は14時15分、上映時間は3時間。

普通は字幕版しか見ないが、上映時間が長いので、上映が始まっている吹き替え版を見ることにし、慌てて券を買って入った。

最初15分くらいは予告なので、タイミング良く間に合った。

最高に素晴らしかった!

ダニエル・クレイグ主演の007は全作見ているが、最終作に相応しい秀作だった。

ストーリーは、前作から見ていないと分かりにくいが、やっぱりダニエル・クレイグがいい。

人気のスパイ映画では、トム・クルーズミッション:インポッシブルシリーズがあるが、あそこまで漫画っぽくない。

アストンマーチンでのカーチェイスやタキシードで手にはマティーニ・・、紳士的で、人間味があって、クールだ。

主題歌もいいし、ボンドガールのアナ・デ・アルマスという子もまた良い!

3時間の上映時間が全く長く感じない。字幕版をまた見に行きたいくらいだ。

興味が湧くのは次のボンド役だ、かなりハードルが高いだろう。多様性を重視する風潮からすると初の黒人ボンドなんかもあり得るかもしれない。

 

そんな事はさておき、今日も良い一日だった。心も体(足)も癒されたし、明日は足を引きずってでも山に登ろう!

 

 

 

 

美ヶ原

f:id:kannrekizizi:20211003184344p:plain

今日は、洗濯物が溜まったので朝からコーンランドリーに行って車内で時間待ちをしていたが、今日も日差しが強い。昨日、御嶽山に登ったので今日は足を休めるつもりでいたが、この暑さでは、橋の下でも行かなければゆっくりできない。

ならば、高原に行こう・・・!

ということで、これも百名山に名を連ねる美ヶ原に行くことにした。

美ヶ原をなんて表現したらいいか分からないが、標高2000メートルに広がる高原で、その広さは、南北8キロ、東西4キロらしい。

知らない人には航空写真でもなければ、その素晴らしさは伝わらないだろう。道中のビーナスランという道路もいい。白樺の林の中を高度を上げていく。紅葉になれば渋滞必死の道路だ。

これだけの高地にこれだけの広さの高原は他にはないだろう。美ヶ原という名前に全く違和感を感じない場所だ。

GPSログ

道の駅”美ヶ原高原”というところに車を止め、主要なルートを歩いてみた。足を休めるつもりが、結局、9.5キロ、2時間半ほど歩いてしまった。

 

f:id:kannrekizizi:20211003182827j:image

こんな感じだ。近くだけなら乳母車も押していけるし、犬を連れた人や小さな子供連れも多い。

 

f:id:kannrekizizi:20211003182748j:image

牛ののんびりした動きを見ていると、気分も安らぐ。

 

f:id:kannrekizizi:20211003183601j:image

この高原のいいところは、ほぼ360度見渡せるところだ。これは北アルプスだが、右の方に尖って見えるのが槍ヶ岳だ。

 

f:id:kannrekizizi:20211003183543j:image

南を向けば富士山も見える。

 

f:id:kannrekizizi:20211003183205j:image

これは、富士山と南アルプスだ。左に富士山、ほぼ中央に鳳凰三山、そしてその右の高いのが北岳だ。

 

f:id:kannrekizizi:20211003183020j:image

西を向けば、昨日登った御嶽山も見える。こうして見ると御嶽山の山容は裾野が広く雄大だ。

 

f:id:kannrekizizi:20211003194613j:image

記念に・・槍ヶ岳と親父!

もう少し北に行ってみるか

僕は9月21日に佐賀県の自宅を出たので、おおよそ2週間になろうとしている。9月27日に妙高山を登って長野県入りしたので、長野県も1週間近くになる。

登りたい山はまだまだあるが、今回はこれくらいにして、少し北の方に行ってみるか!

御嶽山登山

木曽のナー仲乗りさん木曽の御嶽さんは何じゃらほい夏でも寒いヨイヨイヨイ!

これは長野県民謡の木曽節のワンフレーズだが、昔、カラオケを歌わない上司がいて、どうしても歌わないといけない時には木曽節を歌っていた。

そこに出てくる山が御嶽山だ。

 

f:id:kannrekizizi:20211002175922p:plain

御嶽山は長野県と岐阜県にまたがる標高3067メートルの成層火山だ。

7年前の9月27日に噴火し登山客など多くの犠牲者が出た。残された家族の方が慰霊登山される姿をニュースで見たので、僕も8年ぶりに登って見ることにした。

登山口

f:id:kannrekizizi:20211002165043j:image

これは黒沢口という登山口の駐車場だ。今日は土曜日だし、台風一過の晴天、緊急事態宣言明け・・相当多いはず。なので、前日入りして車中泊した。

以前は、王滝口登山道が一般的だったが、噴火により規制がかかっていて九合目から上にはいけない。僕も8年前は王滝口登山道を利用した。

写真は、午前5時半の様子だ。

車中泊していると午前1時頃が騒がしい。

人数は定かでないが、結構な人たちが、ヘッデン(登山用ライト)をつけて登り始める。山頂で御来光を拝むためだ。

一旦落ち着き、また寝入ってると午前4時頃、また騒がしくなる。朝焼けの御嶽山を見るのだろう。この頃には駐車場は既に満車だった。

僕は夜が明けるまで待って5時半頃出発した。あまり遅いとロープウェイを利用する人たちが七合目で合流し登山道が混雑するからだ。

山頂との標高差は1251メートル標準コースタイムは4時間半といったところだ。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165111j:image

木道をひたすら進む。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165135j:image

約1時間で七合目行場山荘に到着する。

登山口は六合目付近、1合を1時間で登れば4時間で着く計算だ。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165155j:image

八合目女人堂、これは宿泊できる山小屋だが、昔は、これより上は神様の領域とされ、

女人は登山を許されず、頂上を目指した男性達の帰りを小屋で待っていたのだそうだ。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165236j:image

八合目までが木道でそれから先は、ガレ場になる。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165013j:image

綺麗だ!

 

f:id:kannrekizizi:20211002165359j:image

斜面も黄色に色づいている。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165507j:image

小屋が見えるがあれは九合目だ。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165536j:image

九合目を過ぎた、もう少しだ。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165603j:image

最後のガレ場を登る。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165658j:image

山頂到着!人がいっぱいいるので変な角度で撮ってしまった。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165708j:image

お決まりの記念撮影。登山口でヘルメットを被るよう指導しているので、ほとんどの人がヘルメットを被る。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165739j:image

山頂直下の様子だが、左の黒いのがシェルターだ。この付近にあった、山小屋が噴火で全滅した。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165625j:image

噴火口は右奥の方だが見えない。左正面に小屋があって、そこから道が伸びているが、あれが、8年前僕が登ってきた王滝口からの登山道だ。今は規制がかかっていて通れない。

 

f:id:kannrekizizi:20211002190515j:image

北北東の方向に乗鞍岳が見える。あそこも行ってみたいが・・・。

 

f:id:kannrekizizi:20211002165917j:image

山頂から北方を望む。

8年前は二の池小屋というところに泊まって、真ん中正面の山(摩利支天)を超えて岐阜県に下った・・懐かしい。

GPSログ

御嶽山といえば山岳信仰としても有名で、御嶽教というのを聞いたことがある。別に変な宗教ではなく、いわゆる神道というやつだ。

今日も下山中に白装束に法螺貝を抱えた人達何組かとすれ違った。おそらく御嶽教の人達だろうが、その人達が途中で法螺貝を吹いていた。山で聞く法螺貝はなかなか良い。

今日は筋肉痛も気にならなかった、腰痛もどうにか悪化せずにいる。明日も天気が良さそうだが、年寄りは体の回復が遅い。今日も結構な山行だったし、明日はゆっくりしよう。

 

諏訪湖一周ウォークと高級とんかつ

諏訪湖湖畔公園

f:id:kannrekizizi:20210930140345j:image

今日は一日まったりするつもりで、諏訪市の湖畔公園に来た。

午後から天気は下り坂だが、朝は晴れている。

 

f:id:kannrekizizi:20210930141341j:image

駐車場の横は、広くて綺麗な石彫公園がある。

 

f:id:kannrekizizi:20210930140437j:image

風が気持ちいいのでバックドアをオープンにして、車内で寝転んでいたら、散歩している人と目が合ってしまった。

駐車場と湖との間にジョギングコースがあるのだ。まだ、朝なのでジョギングしている人は少ないが、散歩やウォーキングしているお年寄りが多い。

歩いている人からすると、車のバックドアが空いているので何気に見てしまうのだろうが、すると車で寝っ転がっている僕と目が合ってしまう訳だ。

何となく気まずいので、僕も散歩に出ることにした。

諏訪湖一周

f:id:kannrekizizi:20210930140629j:image

湖畔周囲にはジョギングコースが整備されているようで、少し歩いていると看板が目に入った。

チャレンジ諏訪湖一周16キロとある。

僕は、腰が痛いし筋肉痛なので今日はまったり過ごすつもりだったのに、1キロ歩いてみたが、歩く程度だったら大丈夫そうだ。

諏訪湖と言えば信州一の湖だ、折角来たなら一周するか・・、少し長いな・・。

少し悩んだが、「悩んだ時は前に出る・・」ということで歩き始めた。

 

f:id:kannrekizizi:20210930140655j:image

走りやすいようにラバーが貼ってある。

よく考えてみたら16キロならば3〜4時間はかかる。10時ころ歩き始めたから昼過ぎてしまうじゃないか・・・、少し走ってみた・・、やっぱりダメだ、腰にくる。

やめとけばよかった・・・とか、16キロ歩くなら山に登ってた方が・・・とか、半ば後悔しながら歩き続ける。

 

f:id:kannrekizizi:20210930140716j:image

キョロキョロしながら歩いていると釣りしている人がいる、ワカサギだろう。

 

f:id:kannrekizizi:20210930140734j:image

コスモスが綺麗な道もある。

 

f:id:kannrekizizi:20210930140548j:image

D51もある。

 

f:id:kannrekizizi:20210930140807j:image

広いパターゴルフ場もある。

 

f:id:kannrekizizi:20210930140829j:image

対岸まで来た。こちらからだと八ヶ岳が綺麗に見える。あそこに行きたかった!

この頃、11時を回っていた。車中泊は朝が早いので、お腹が空く時間だ。道すがら飲食店があれば、何でも良いから食べよう・・!

と思って歩くこと1時間(約5キロ)道路沿いに飲食店が1軒もない。コンビニが2軒あっただけだ。

僕が車を止めている公園側は街並みがあるが、対岸は一戸建ての住宅街で何もない。

諦めかけてたが、やっと飲食店があった。2階建てのビルで飲食店が何店舗か入っているようだ。

既に12時を回っていて、1階はステーキ屋さんで”ご飯おかわり無料”と書いてある、若い人に人気らしく、表の椅子で順番待ちをしている。

2階にはトンカツ屋があるようなので行ってみた。

高級トンカツ店

入口に”夜は予約のみ”と書いてある。嫌な予感がしたが、空腹には勝てないし入ってしまった。

予感的中、高級トンカツ店だった。

f:id:kannrekizizi:20210930183455p:plain

(上の数字は税抜きで下の数字が税込価格)

画質が悪いので、「ロースかつ定食」を説明すると

・小さ目 約2000円

・上 約2500円

・厚切り 約3000円

・芯 約4000円

上手いというか”ずるい”メニュー表だ。”小さ目”と書いている。空腹の親父としては”小さ目”は注文しずらい。

ここは腹を括って”上、ご飯大盛り”を頼んだ。

鰻屋みたいに「並、上、特上」と書けよ・・と思う。

 

f:id:kannrekizizi:20210930135833j:image

これが、ロースかつ定食の上だ!

何でも岩手県産の岩中豚ロース専門店らしい。トンカツの衣の色が薄いのが分かるだろうか、低温で二度揚げするみたいだ、おかげで約20分待たされる。

しかし、確かに美味かった、びっくりするくらい大きくて分厚い、2センチはあるので普通のトンカツの倍くらいだろう。

”厚切り”というメニューがあるが、これより厚かったら火が通るだろうか?”芯”というメニューもあるが、ロース肉の中心部だけを使うらしい。

ご飯の大盛りはサービスだったようで、しめて2530円だった。

 

山ぼたん
〒394-0044 長野県岡谷市湊5-13-7
2,000円(平均)1,000円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp

 

f:id:kannrekizizi:20210930140921j:image

お腹も満たされたし、残りは数キロだ!このベンチで一服して、車に戻った。

16キロ歩いたので、足は多少くたびれるが、登山と違って息を切らすこともないので、運動にしては物足りない気もするが、これはこれで良しとしよう。

さて、明日は朝から雨だ、今度こそ”まったり”しよう!