老いてたまるか!

残された人生で今が一番若い!山旅と雑記のブログ

脊振山登山

f:id:kannrekizizi:20220126172131p:plain

脊振山(せふりさん)

福岡と佐賀の県境には東西50kmとも60kmとも言われる脊振山系という山地群があり、この山系を縦走する者も多い。

脊振山はその最高峰、標高1,054.6mの山で、日本三百名山一つでもある。

脊振山の登山口は、福岡市早良区にある車谷登山口椎葉峠が一般的で、僕も長く福岡市内に住んでいたので、それらの登山口しか知らないが、探してみると今住んでいる佐賀県側にも登山口があるようなので、そこから登ってみることにした。

 

f:id:kannrekizizi:20220128151557j:image

佐賀県神埼市にある犬井谷登山口だ、あまりメジャーな登山口ではない。登山アプリのヤマレコには載っているが、ヤマップには見当たらない。

整った駐車場があるわけではなく、路肩に4〜5台は駐車できるスペースがあるので、そこに駐車して登る。当然、トイレ等もないので、事前に済ませておく必要がある。


f:id:kannrekizizi:20220128151606j:image

利用者も多くないので、登山道は多少荒れているが、問題なく登れる。


f:id:kannrekizizi:20220128151554j:image

30分も登ると九州自然歩道に出る。これは、脊振山からの縦走路で九千部山、基山まで続いている。


f:id:kannrekizizi:20220128151602j:image f:id:kannrekizizi:20220128151541j:image

縦走路は、多少のアップダウンを繰り返し高度を上げていく。


f:id:kannrekizizi:20220128151544j:image f:id:kannrekizizi:20220128151621j:image

縦走路に出て1時間も歩くと視界も開けて木道になる。中には朽ちてるところもあるが、問題なく通れる。


f:id:kannrekizizi:20220128151550j:image

山頂直下の駐車場に出た。

この山は航空自衛隊アメリカ軍のレーダーサイトがあるので、車道が続いていて一般車両でもこの駐車場まで登ってくることが出来る。

自衛隊等の施設は鉄柵で囲われていて、門には警衛隊みたいな人が常駐して警戒している。

ここから山頂までは10分程度だ。

 

f:id:kannrekizizi:20220128151535j:image

山頂到着!

 

f:id:kannrekizizi:20220128162326j:image

振り返って駐車場方向、ガスっている。

f:id:kannrekizizi:20220128151538j:plain f:id:kannrekizizi:20220128151624j:image

脊振山標識の寒暖計は丁度0度だった、寒い。

山頂には弁財天を祀った石の祠がある。これは、脊振神社の上宮だ。よく見ると御供物も多い、参拝者が絶えないようだ。

ちなみに後ろの丸いのがレーダードームだ。


f:id:kannrekizizi:20220128151559j:image

展望がいいはずだが、今日はガスっていて残念だ。


f:id:kannrekizizi:20220128151618j:image f:id:kannrekizizi:20220128151547j:image

下山は、登山アプリの地図を見ながら別ルートで降りてみた。

林道みたいなところが多かったが、登りと違って空が見えると気分が違う。

 

f:id:kannrekizizi:20220128165734j:image

折角なので、帰りに中腹にある脊振神社の下宮に寄ってみた。山頂にあったのが脊振神社の上宮で、脊振神社はこの二つからなっている。

GPSログ

 

f:id:kannrekizizi:20220128170659j:image

この山も例に違わず、古くは霊山として多くの修行僧が暮らす山岳密教の修験場であったらしい。何でも栄西という僧が中国からお茶の種を持ち帰って、この地で初めて栽培したらしく、佐賀県側の山麓が、日本のお茶栽培の発祥地とされている。

また、佐賀県側の西には山茶花サザンカ)が群生していて自生北限地らしい。

帰りにその名を取った「山茶花の湯」で汗を流して帰った。

この温泉は、僕の家から20分程度のところにあり、回数券を買って良く利用している。露天風呂からの展望もよく、この一帯では一番の温泉だ。

10km歩いて、温泉に入っていい一日だった。

sazanka-yu.com

里山ハイク(天拝山〜基山)

自宅から車で30分前後のところに、天拝山と基山という山がある。いつかは行こうと思っていたが、いずれも低山なので、中々足が向かなかった。

二つの山の距離は近いので、折角ならと同時に登ることにした。

 

天拝山(てんぱいざん)

福岡県筑紫野市にある標高257.4mの山だが、太宰府に左遷された菅原道真が、自身の無実を訴え、幾度となく登頂し、天を拝したという伝承からきた山名らしい。

基山(きざん)

佐賀県三養基郡基山町にある標高404.5mの山、山頂は基肄城(きいじょう)という山城跡で、太宰府防衛のため築かれた朝鮮式山城で国の特別史跡指定を受けている。

町名は基山町(きやままち)だが、山名は基山(きざん)というのも面白い。

 

行程

車で行って二つの山を登るのは不便だが、どちらの山も駅に近い。

ならば・・と、JRを利用することにした。

自宅近くのJR新鳥栖駅→ JR二日市駅→ 天拝山→ 天拝湖→ 基山→ JR原田駅→ JR新鳥栖駅の行程だ。

この行程なら、そこそこ歩き甲斐がある。

 

GPSログ

 

f:id:kannrekizizi:20220125170509j:image f:id:kannrekizizi:20220125170526j:image

JR二日市駅から20分ほど歩くと天拝山歴史自然公園に着く、写真には入りきれないが、駐車場も何ヵ所かあるので、ここに車を止めて登っている人がほとんどだ。


f:id:kannrekizizi:20220125170614j:image f:id:kannrekizizi:20220125170456j:image

まもなく、登山道に入る。道幅の広い傾斜の緩いの上り坂だ、登っている人も多い。それもかなりの年配者ばかりだ。

公園からだと山頂までは30分程度なので、年寄りが健康のために上るのには最適だろう。ここに来れば、62歳の僕もまだまだ新参者だ。


f:id:kannrekizizi:20220125170548j:image f:id:kannrekizizi:20220125170529j:image

半分ほど登ると階段になる。この階段は436段あって山頂まで続くが、傾斜も然程急ではない。


f:id:kannrekizizi:20220125170603j:image f:id:kannrekizizi:20220125170545j:image f:id:kannrekizizi:20220125170554j:image

山頂到着!

山頂には天拝神社と展望台がある。天拝山の表札はくすんでいて良く見えない。


f:id:kannrekizizi:20220125170523j:image

展望台から見た博多方向

 

基山へ


f:id:kannrekizizi:20220125170609j:image

ここから九州自然歩道を通り天拝湖に下って、基山に向かう。


f:id:kannrekizizi:20220125170451j:image f:id:kannrekizizi:20220125202228j:image

歩きやすい登山道

f:id:kannrekizizi:20220125170539j:image f:id:kannrekizizi:20220125170514j:image

道標もしっかりある。

 

f:id:kannrekizizi:20220125205502j:image f:id:kannrekizizi:20220125170612j:image

天拝湖に出ると天拝公園がある。ここに車を止めて登る人もいる。


f:id:kannrekizizi:20220125170600j:image

天拝湖を半周して先に進むと基山登山口に着く。



f:id:kannrekizizi:20220125170505j:image f:id:kannrekizizi:20220125170557j:image

登山道は狭いがしっかりしている。


f:id:kannrekizizi:20220125170533j:image f:id:kannrekizizi:20220125170442j:image

展望が開けると山頂は近い。山頂直下の休憩テーブル。この直ぐ下に駐車場があるので、車で来てここで弁当食べるのも良さそうだ。


f:id:kannrekizizi:20220125170520j:image

この先が山頂だが、ここは草スキー場みたいだ。

中々の急登だが、山頂まで100mなので勢いで登る。

 

f:id:kannrekizizi:20220125170453j:plain f:id:kannrekizizi:20220125170445j:image

急登を登り上がると開けていて南側にある高台が基山山頂らしい。

 

f:id:kannrekizizi:20220125163856j:image

基山山頂!

巨石と奥にとんがった記念碑が立っている。

巨石は、「タマタマ石」と呼ばれ、山麓にある荒穂神社がかつてここにあった頃の盤座と言われていて、神様が宿るとされ祀られている。

とんがった記念碑は「天智天皇欽仰之碑」で、西暦600年代、唐・新羅の侵攻に備えるため天智天皇の名により、ここに基肄城が築かれたことから、記念として鉾をかたどった碑が昭和初期に建立されたらしい。

 

f:id:kannrekizizi:20220125170447j:image

展望も素晴らしい。これは久留米、浮羽方向だが、耳納連山も見事だ。


f:id:kannrekizizi:20220125170502j:image

下山中、「きやまん」という基山町のイメージキャラクターが貼ってあった。

見えにくいが、”きやまから日本を元気に!”と書いてある・・・大きく出たなぁ!


f:id:kannrekizizi:20220125170536j:image f:id:kannrekizizi:20220125170517j:image

登山道も整備されていて歩きやすい。しばらく下ると車道に出る、後は駅に向かって歩くだけだ。

 

結果

低山二つで登りの標高累計は638mだったが、天気も良かったし、歩行距離は14.6kmだったのでいい運動になった。

福智山登山

f:id:kannrekizizi:20220114162612p:plain

福智山は、福岡県北九州市小倉南区直方市、田川郡福智町に跨る標高900.6mの山で、九州北部では人気の山だ。

登山アプリシェアトップのYAMAPは、2021年に登られた山ランキングをエリア別に発表している。それによると九州エリアで福智山は第4位になっている。

 

f:id:kannrekizizi:20220114165152p:plain

参考:

https://corporate.yamap.co.jp/news/archive/2021-12-27/ 

ならば久しぶりに登ってみるか・・ということで、行くことにした。

登山口は、大きく分けると上野登山口、福智山ダム登山口、七重の滝登山口があるが、自宅の佐賀県から行きやすい、上野登山口から登ることにした。

 

f:id:kannrekizizi:20220114173530j:image

 

登山口に近い無料駐車場、トイレもあるが、駐車できる台数が少ない。200mほど下に赤池町無料駐車場がある。

因みに、この付近は知る人ぞ知る上野焼(あがのやき)の窯元が立ち並んでいる。


f:id:kannrekizizi:20220114172648j:image

車道を進むと登山口がある。右に進んで福智山に直登し、鷹取山という山を回って、左の登山口から降りてくる予定だ。


f:id:kannrekizizi:20220114172654j:image f:id:kannrekizizi:20220114172725j:image
f:id:kannrekizizi:20220114172728j:image

しばらく進むと白糸の滝に着く。さらに先に進むが、この滝の付近の登山道は、急登で少し荒れている。


f:id:kannrekizizi:20220114172722j:image f:id:kannrekizizi:20220114172708j:image

少し進むと歩きやすい登山道になる。少し積雪もあるが、チェーンスパイクなしでギリ登れる。


f:id:kannrekizizi:20220114172645j:image

山頂が見えてきた。


f:id:kannrekizizi:20220114172731j:image

2時間弱で山頂に到着!駐車場の標高が169mなので、山頂までの単純な標高差は730mほどだ。

山頂は広いが遮るものがないので、寒風が吹き付ける・・・長くは居られない。

 

f:id:kannrekizizi:20220114172700j:image

誰もいないので、記念写真を自撮りして鷹取山に向かう。

にやけた顔をしているが、かなり寒い。


f:id:kannrekizizi:20220114172719j:image

福智山山頂から約1時間で鷹取山着く、この山頂は平で広々している。

何故かというと、ここは城跡で福岡城黒田長政が国境を守る為に設けた六つの出城の一つだったからだ。

どうでもいいが、その出城のほとんどは豊前国との国境に構えられていて、話によると、黒田長政豊前国細川忠興と仲が悪かったからだとか・・・。


f:id:kannrekizizi:20220114172714j:image

この山頂には、思い出がある。40年近く昔になろうか、まだ駆け出しの頃、先輩に連れられてきた場所だ。

その時は、福智山の山頂で焼き肉をしようということで、5人でそれぞれが、ガスコンロ、鉄板、肉、ビールなどを手分けしてリュックに積み込んで登ったが、極寒期で、登山道は膝まで雪が積もっていて、吹き溜まりでは腰まで雪に埋まった記憶がある。

その中を先頭を代わる代わる登ったが、福智山まで行くのは無理と判断してこの鷹取山にたどり着いた。

雪を掘り広げて、ガスコンロをセッテイングして焼き肉を味わったが、それよりも凍えながら飲んだビールの方が記憶に残っている。

下山時は、酔いも手伝って雪の中を転がりながら下山した。当時は、怖いもの知らずで無鉄砲だったが、今となっては懐かしい。

そんなことを思い出しながら、同じ場所でコンビニの普通の弁当を食べた。

 

f:id:kannrekizizi:20220114172651j:image

書き忘れたが、福智山もこの鷹取山も展望はいい。遠賀川沿いの街並みを堪能して下山した。

GPSログ

登山アプリの話

最初にYAMAPの山ランキングを書いたが、僕が使っている登山アプリはシェアを二分するヤマレコというアプリだ。

僕の感覚では、ヤマレコはWEBメインで古巣のユーザーが多い、YAMAPはスマホアプリメインで新規ユーザーが多いイメージだ。

双方とも一長一短あるだろうが、僕にとっては、地図の性能やルート表示、登山中のサポートなどヤマレコの方が使いやすい。

因みに、そのヤマレコではホームページ上で登山記録数を検索できる。

九州エリアで過去1年間の記録を検索したところ、

1位 久住山(くじゅう連山)大分

2位 霧島山 鹿児島

3位 九重山(くじゅう連山)大分

4位 宝満山 福岡

5位 開聞岳 鹿児島

だった。

因みに、今日登った福智山はYAMAPでは4位だが、ヤマレコでは14位だ、こうも差が出るのか!

YAMAPの創設者は福岡県の人だ、九州エリアランキングで、くじゅう連山以外の4座は全て福岡県になっている。

福岡の山に登る人の多くがYAMAP利用者ということか・・・?

里山ハイク(牛頸山)

牛頸山(うしくびやま)

1ヶ月ほど山に登っていないので、足ならしに近場の山を探していたら、この山にたどり着いた。登山口までは、自宅から40分ほどだ。

この山は、福岡県大野城市の最高峰だが、447メートルほどしかない低山だ。

最短距離で登れば1時間ほどで着くだろうが、調べてみると縦走ルートがある。それならば、行ってみるか・・ということで、登ることにした。

ルート

f:id:kannrekizizi:20220110165033p:plain

牛頸ダムの東にある水辺公園駐車場に車を停め、牛頸山〜三市町山〜黒金山〜大佐野山と周回するルートだ。このルートならそこそこ歩ける。

 

f:id:kannrekizizi:20220110170648j:image

牛頸ダム水辺公園駐車場、ここにはトイレがあるのでいい。

このダムの周囲には何箇所か駐車場所がある、住宅地にも近いので、散歩に来ている人やダム周囲をジョギングしている人も多い。


f:id:kannrekizizi:20220110170558j:image

駐車場入口の筋向かいに東北ルートの登山道入口が見える。本来は、ここから”大野城いこいの森キャンプ場”まで車道を歩いて、そこから登る予定だったが、こちらの方が面白そうだ。

僕が使っている登山アプリのヤマレコでは、このルートの踏み跡がない・・・、つまり、あまり使われていないルートということだが、少し覗いてみると、道標の赤いテープもあるので行けそうだ・・・ということで、このルートで登ってみることにした。


f:id:kannrekizizi:20220110170659j:image f:id:kannrekizizi:20220110170651j:image

変わった道標もあって迷うことはない。


f:id:kannrekizizi:20220110170605j:image

急登で滑りそうなところは、ロープがある。


f:id:kannrekizizi:20220110170630j:image

大野城市内だろう、このルートは、尾根道だが、樹林帯で展望がないので、こんな所があると嬉しい。


f:id:kannrekizizi:20220110170639j:image f:id:kannrekizizi:20220110170705j:image

1時間弱で牛頸山東峰に着く、手作りのベンチが嬉しい。しばらく行くと、”おかえり”の道標が・・・。


f:id:kannrekizizi:20220110170635j:image f:id:kannrekizizi:20220110170621j:image

山頂まで10分程度だろうか、ベンチやブランコもある。


f:id:kannrekizizi:20220110170618j:image
f:id:kannrekizizi:20220110170626j:image

山頂到着!こんな感じだ。

木が邪魔しているが、太宰府市内や宝満山も見える。


f:id:kannrekizizi:20220110170720j:image f:id:kannrekizizi:20220110170623j:image

何と山頂には、おみくじがある、竹で作った手作りだ。

横には丸い”ドラ”があり、”一たたき10年楽しかったことを偲ぶドラの音”と書いてある。


f:id:kannrekizizi:20220110170642j:image

縦走路を進むとこんなものもある。漫画絵には”赤目のウイッチ”と書いてある・・何だそれ?アニメの登場人物?

 

f:id:kannrekizizi:20220110170714j:image

三市町山に到着、展望はない。


f:id:kannrekizizi:20220110170608j:image f:id:kannrekizizi:20220110170702j:image

さらに縦走路を進むが、歩きやすいし道標も親切だ。


f:id:kannrekizizi:20220110170653j:image

黒金山に着いたが、ここも展望はない。


f:id:kannrekizizi:20220110170615j:image

展望がいい名も無いピークがあったので、ここで昼食にした。


f:id:kannrekizizi:20220110170717j:image

最後の山に向かう、天拝山まで行ってしまうと登山口に戻れなくなるので大佐野山までで登山口方向に下山する。


f:id:kannrekizizi:20220110170645j:image

最後のピーク大佐野山に到着、ここも展望は良くない。


f:id:kannrekizizi:20220110170711j:image

縦走路を周回して登山口に戻ってきた。

GPSログ


f:id:kannrekizizi:20220110170708j:image

牛頸山とは、面白い名前だが、牛の頭が伸びた形に似ていたとか、6~8世紀にこの地に移って来た渡来人の故郷の名称を村の名につけたとか、諸説あるようだが、面白い山だった。

山頂にはおみくじやドラがあるし、独特の道標もある。随所に手作りベンチもあるし、登山道も歩きやすい。一生懸命この山の世話をしている人がいるのだろう、嬉しいことだ。

GPSログによると歩行距離は丁度8キロだった。明日は天気が崩れそうだし、1ヶ月ぶりの山で、足ならしにはベストの山だった。

モンチュラの福袋を買ってみた

アウトドアブランド

モンチュラと言っても知名度が低いので、アウトドアブランドのことから書いていこう。アウトドアブームで多くのブランドがあるが、大きく分けると登山やキャンプ用品などのギア(道具)販売とウェアを手掛けるブランドに分かれる。

数が多すぎるので登山ウェアを手掛けるブランドだけ書くことにするが、大きく分けると日本ブランド、北欧系ブランド、北米系ブランドに分かれる。

日本ブランド

モンベル、ファイントラック

北欧ブランド

モンチュラ、ミレー、マムート、バーグハウス、ホグロフス、マウンテンクイックメント

北米ブランド

ザ・ノース・フェース、マーモット、コロンビア、パタゴニア、アークテリクス

などだ。(違っているかも!)

コスパや品質で選ぶならやはり日本ブランドのモンベルだ。格安でいうと、ワークマンもいいらしい。

日本工業規格(JIS)

僕の体型は身長180弱で65キロとかなり痩せ型だが、手足が長い。日本のJIS規格の製品は、体型に合わないものが多い。

特に裾上げ済みのパンツは全く合わないが、モンベルには股下+6センチのものがあるので、夏用と秋冬用を持っている。

外国のブランドも日本展開する上でJIS規格で製品展開をしているので、ヨーロッパ規格やアメリカ規格のものを販売しているブランドは少ない。(ネットで輸入品を買うなら別だ。)

アメリカ系の規格はワンサイズ大きく横縦大きい。ヨーロッパ系の規格は細長いので、体型的にはヨーロッパ系のブランドが合う。

モンチュラ(MONTURA)

f:id:kannrekizizi:20220108092046p:plain

その中でヨーロッパ規格で販売しているのがモンチュラというイタリアのブランドだ。(日本規格のものもある。)

あまり知られていないブランドだが、登山用ウェアやザック、シューズなどの登山用ギアの他、トレラン、クライミング、ゴルフなどのアウトドアウェアを販売している。

だが、問題が2つある。

高機能でデザイン性も高いが、まともに買うには値段が高いということ。

以前は、福岡にも直営店があったが、なくなってしまった。今は、北海道、東京、名古屋、大阪、広島くらいしかないので、佐賀県居住の者からすると、ネットでないとなかなか買えないということだ、ということで、今回モンチュラの福袋をネットで買うことにした。

モンチュラの福袋

77.000円、55,000円、33,000円、22,000円の4種類があった。77,000円のものは販売価格154,000円相当以上と書いてあり、どれも半額以下の販売だ。

高いものは、防水ウエア、アウターなど5〜6点が入っているらしい。

福袋で不安なのは、色合いやデザインだ。ド派手なアウターが入っていても困るので、一番安い22,000円のものをネット注文した。

これには、ベース・ミッドレイヤーが入っているので、多少派手なものが入っていても大丈夫だ。

結果、大満足だった。

福袋の中身は、ベースレイヤー1着とミッドレイヤー2着が入っていて、気にしていた色は、全てグレーベースだった。一応、注文の通信欄に年齢を書いていたので見てくれたのだろうか・・・?

ベースレイヤーは、速乾性の長袖でオールシーズン着れる。ミッドレイヤーは、薄手と中厚手のもので、裏がフリース素材になっている。保温着にもなるし、行動着にもなるので、登山だけではなく、普段着として着れる。

値段は安くはないが、このメーカーはベースレイヤーでも1万円位する。商品には、値札がついていて、総額で5万円弱だったので十分だ。

モンチュラは、オンラインショップで最大40%オフのアウトレッド商品を出しているが、好みの色やサイズはほとんど残っていない。

後は、モンチュラのアウトレッド店が、八ヶ岳リゾートアウトレットと那須ガーデンアウトレッド内にある。八ヶ岳の方は、去年旅のついでに寄ったが、那須の方は行ったことがないので、今度旅の機会に寄ってみよう、掘り出し物があるかもしれない。

僕みたいに細身の体型の人にはおすすめだ!

montura.jp

2022今年の展望

公務員を定年退職して2年が経とうとしている。

再就職はせず、退職時に買ったキャンピングカーで、旅に出ては好きな登山をして過ごしているが、何の因果か、退職に合わせて新型コロナが入ってきた。

個人的には、旅に出るのに県をまたぐ移動が自粛になったり、多少の制約を受けた程度だが、何とも皮肉だ。

それでも2020年は、70泊弱、2021年は50泊弱の車中泊をして2年とも30座程度の山に登った。

今年はというと大きな目標はないが、健康で時々山旅に出られたらいい。

何より、交通事故に遭わないように、登山で怪我をしないように・・というのが一番だ。

今年は低山も含めいろんな山に登ってみよう

2020年は百名山を中心に登山をし、2021年は百名山に拘らず低山にも登ってみたが、低山もなかなか良い。

山に登ると他の登山者と話をする機会も多いが、低山は近郊の登山者が多いので、会話もフランクで心地がいい。

去年登った山では、大阪の金剛山(二百名山)や福岡の宝満山とかは、特に登山道が整備されていて登りやすい。年を取ると怪我のリスクが高くなるので、整備された登山道は安心だ。

宝満山は福岡県で一番登山者が多い山と言われるが、日本三百名山にも入っていない山だ。全国にもこんな山が多くあるはずだ。今年は、そんな山も探して登ってみたい。

新日本百名山

深田久弥日本百名山に対して岩崎元郎が選定した新日本百名山というのがある。

深田久弥は、自ら踏破した経験から、山の品格、歴史、個性などを基準に100座を選定しているが、岩崎元郎は、中高年でも上りやすい点を加味して100座を選定している。(深田久弥百名山も52座も含まれている。)

標高差が1500メートル位あって、山頂まで4〜5時間かかる山に登ると2〜3日は筋肉痛が酷いが、2〜3時間の山ならほとんど影響ない。

年を取ったせいか、距離や標高よりも安全に登れる整備された山を好むようになった。

今年は、そんなことも加味して山を選ぼう。

雪山はパス

本格的な雪山の単独登山は危険だし、昔使っていた12本爪のアイゼンも買い直さないといけないが、2万円近くする。

スタッドレスタイヤもないし、タイヤチェーンも持ってない。平地なら何とかなるが、雪山に登るとなると山麓の登山口には辿り着けない・・・。

正月実家に帰ったら、神経質の母親から危険なことはしないように・・と釘を刺された。

冬場はノーマルタイヤで行ける九州近郊にして、チェーンアイゼンで登れる程度の山にしておこう。

北海道

北海道はキャンパーには最適なところだ。毎年でも行きたいが、働いていない身としては金銭的な負担もある。去年は行かなかったので、今年は行こう。

北海道は梅雨がないので、梅雨時期か夏場がいいだろう。登っていない山も多いので楽しみだ。

観光

去年は観光地も多く回ってみようと思っていたが、結果、ほとんど行っていない。コロナ禍もあるが、何故か観光地にあまり魅力を感じない。観光地を回るくらいなら山に登っていた方がいい。(少し変?)

ご当地グルメ的なものも時々食べるが、あまり食にもこだわりはない。ただ、お城や歴史的な建物には興味があるので、今年はそんなところを回ってみよう。

正月は人出も多いので、初登山はまだだ、ここ1ヶ月くらいは家でまったりしていた。体もだいぶ鈍っているので、少し体を動かして来週くらいから山に行ってみるか・・・

今年も小さな喜びと健康な毎日を求めて慎ましく過ごそう!

 

キャンピングカー人気で納車2年待ち!

僕の車はバンコンタイプのキャンピングカーだが、水道の給水レバーに不具合が出たので、販売店で修理してもらった。

その販売店での雑談では、今、キャンピングカーの納車には1年半から2年半かかるらしい。

車の生産は新型コロナの拡大や半導体不足で大幅な減産を強いられ、新車の納車遅れが深刻になっているが、キャンピングカーの納車遅れは、それとは違うみたいだ。

何故納車に時間がかかるのか

キャンピングカーは、制作する専門のビルダーが全国に約60社位ある。

そのビルダーは、車メーカーからベース車を仕入れ、注文に応じて手作り生産している。

キャンピングカーの購入者が増えているので、手作り生産が間に合わないということだ。

僕が買った約1年半程前は、納車まで最短で7ヶ月だった。同じビルダーで今は1年半待ちらしい。

僕が通ってる販売店は15社のキャンピングカービルダーの車を扱っている。

ビルダーは、月に10台作れるところもあれば、月に3台程度しか作れないところもある。

注文が増えると規模の小さいビルダーほど納車時期が伸びることになるというわけだ。

キャンピングカーの保有台数は右肩上がり

f:id:kannrekizizi:20211221081347j:plain 

日本RV協会(横浜市)というのがある。これは、キャンピングカーの普及促進からユーザーサポートまで行なっている一般社団法人だが、ここが発行している「キャンピングカー白書2021」によると、グラフのとおり国内のキャンピングカー保有台数は2016年に10万台を超えて以降、順調に数値を伸ばしていて、2020年の販売総額は過去最高の582億円となったらしい。今年はさらに伸ばしているだろう。

現役世代のユーザーも増加

以前のキャンピングカーユーザーは、僕みたいな仕事を引退した年寄りが中心だったが、最近は、現役世代のユーザーも増えているらしい。

中古キャンピングカーの値段も高騰

キャンピングカーの市場が拡大して新車の納入が遅れていれば当然ながら中古車の価格も高騰していく。

新車の納入が2年近く待たされるのであれば、程度のいい中古車を探す方が手っ取り早い。需要が増えれば当然ながら値段も上がる。

そもそもキャンピングカーは中古車でも値段があまり落ちない。その上この現状だ、何と2〜3年落ちで新車の価格とあまり変わらないそうだ。

キャンプ人気

新型コロナの感染拡大も後押ししているが、昨今のキャンプ人気は周知の通りだ。

キャンプ大好き芸人なんかも出現して、YouTubeのキャンプ動画も人気のようだ。

キャンピング用品もかなり充実しているし、ネットで情報も直ぐに手に入る。

キャンプは、家族でも楽しめるし、一人でもいい、犬などのペット連れでもOKなのも人気の要因かもしれない。

増えている自然災害などの時もキャンピングカーがあれば安心だ、また、最近は軽キャンのモデルも増えている。

軽キャンは、軽自動車のワゴンやバン、トラックをベースに作られたキャンピングカーだが、200〜400万程度なので手が届きやすい。現役世代のユーザー増加の要因とも思える。

それにしても、2年も待たされたら大変だ、乗っている車はもう一回車検が必要になる。

売店の人からも言われたが、良い時期に購入して幸いだった。

 

www.1959matsuo.net